本文へスキップ

時計電池交換600円/時計修理/時計クリーニング★ブランド、防水時計も対応

▼電池交換お申込み・その他クリック

リューズのない時計no crown watches

TOPイーストワンブログ2021>リューズのない時計>20202019

リューズのない時計

2021年5月19日

リューズのない時計をご紹介。
裏蓋にリューズがついていたり、ボタンをプッシュして針を回すタイプなどありますが、
写真の時計(ラドーエンサ964.04923)はボタンもリューズもまったくありません。
radoeseza
裏蓋を見ると2本の溝があり反時計回り−
時計回り+
とあります。
radoeseza
なんとなく存在は知っていましたが、実際に作業をするのは初めてです。
ムーブはeta280.702
同じキャリバーでリューズが普通についているものもあるようですが、このモデルにはついていません。
ネットで調べましたが、古いモデルなのかなかなかヒットしません。
それでもなんとなくわかったのは、モデルによってはバンド先端にマグネットのようなものがついているタイプがあり先端を裏蓋の±にあてると時間合わせができるようです。
または、キーホルダー式の専用器具が付属されていて同じく裏蓋に当てて時間を合わせるタイプもあるようです。
写真の時計は付属品がなかったため、マグネットを裏蓋に当てると針が動き時間合わせできました。
eta980.702


ブログ一覧に戻る